Exakta 66
 
 
1984(昭和59)年のフォトキナで、以前から東ドイツ製カメラを西ドイツに輸入販売していたベロフレックス社から「エキザクタ66」が発売された。
同年の「フォトキナ」に関する記事を見てみると、「ポピュラーフォトグラフィー」誌11月号のMax Joseph氏のレポートと「カメラ毎日」誌12月号に掲載された北野邦雄氏の記事が興味深い。

これらを要約すると、「エキザクタ66」はハインリッヒ・マンダーマン氏が1982(昭和57)年に西独クロイツナッハにあるシュナイダーレンズ会社を買収し、レンズ拡販の一環として「エキザクタ」の一切の権利を使って製造したのが始まりとなる。
製造にあたっては、ドレスデンで製作された「ペンタコンシックス」の部品を使って部分的に製作され、最終的に西独はミュンヒェンの工場で仕上げられたということになっている。

ミュンヘンのヘルバート・シュテルス氏によってデザインされ、「ランチャー・スタイル」や「レンジャー・スタイル」と広告された外装処理についてはジョセフ氏と北野氏が見たカメラに相違点が見られ、これは興味深い内容である。

ジョセフ氏が見た「エキザクタ66」はチャコールグレー外装であるのに対して、北野氏は暗緑色の外装であったようだ。また、ジョセフ氏の紹介記事の中では装着レンズに「ジンマーM2.8/80mm」が紹介されているのに対して、北野氏の紹介記事では「クセノター2.8/80mm」を装着したものが掲載されていることも興味深い。

細かい点を言えば北野氏が紹介していた「クセノター」は「クセノターM」とレンズ外周に印刷されているが、発売時には「クセノターMF」と変更されているのだが、結果的に私たちが目にする「エキザクタ66」はチャコールグレーの外装に「クセノター」を装備したもので、折衷案のようになっている。

機構的に見ると、シンクロ同調速度が「ペンタコンシックスTL」では1/25であったのに対し、「エキザクタ66」では1/30秒に向上していることが挙げられる。

また、TTLファインダに対応するようにシャッタダイヤル周辺に電気接点が設けられているほか、装着レンズの絞りリングはTTLファインダに連動させるためのピンがあり、「ペンタコンシックス」系とは逆方向に回転操作するようになっている。
そのため、「エキザクタ66」にTTLファインダを装着した場合には「エキザクタ66」用として発売されたレンズを装着しなくてはならない。なお、このTTLファインダは東独製の光学系を使ってミュンヒェンで製作されている。
In 1984 photokina, Belofrex introduced Exakta66.the beroflexis import a DDR cameras for long time.
The owner of the company, Heinlich Mandermann buys the Schneidr-Kroutznach at 1982.And to be the one of market maker is Exakta66.
Make with the pentaconsix parts and finishing in munchen.
Mr.Herbert Schtels is design the outer. At the first, Exakta66 has a dark green auter. And fit with “Symmer M 80mm F2.8”lens.
The detailed article was published in “Inpho” magazine at Jan 1986.may be Start the sell in the year.
On mechanism, Synch speed to be from 1/25sec to 1/30sec.and TTL finder has electric contacts. TTL coupling lenses are diaphragm ring turning to against side.
So, when use the TTL finder with perfect, must to use the Exakta66 series lenses.
TTL finder is made in munchen. But optical parts are made in DDR.
So, when use the TTL finder with perfect, must to use the Exakta66 series lenses.
photokina 1984 importieren Belofrex eingeführte Exakta66.the beroflexis ein DDR Kameras für lange Zeit. Der Inhaber der Firma, Heinlich Mandermann kauft das Schneidr-Kroutznach an 1982.A., um der des marktbestimmenden Effektenhändlers zu sein ist Exakta66. Bilden Sie mit den pentaconsix Teilen und innen beendend munchen. Mr.Herbert Schtels ist Design das äußere. Am ersten hat Exakta66 ein dunkelgrünes auter. Und passen Sie mit "Symmer M 80mm F2.8"lens.
Der ausführliche Artikel wurde "Inpho" in der Zeitschrift bei Jan. 1986.may ist Anfang der Verkauf im Jahr veröffentlicht. Auf Einheit hat die Synch Geschwindigkeit, zum von 1/25sec zum 1/30sec.a. TTL Sucher zu sein elektrische Kontakte.
Ttl Koppelung Objektive sind der Membranring, der an gegen Seite wendet. So wenn Gebrauch der TTL Sucher mit vollkommenem, muß die Reihe Exakta66 Objektive benutzen. Ttl Sucher wird innen munchen gebildet. Aber optische Teile werden in DDR gebildet.
В photokina 1984, Belofrex введенные beroflexis Exakta66.the импортирует камеры DDR на длиннее время. Предприниматель компании, Heinlich Mandermann покупает Schneidr-Kroutznach на й982.Анд для того чтобы быть одним из создателя рынка будет Exakta66. Сделайте с частями pentaconsix и заканчивающ внутри munchen. Mr.Herbert Schtels будет конструкцией наружная. На первом, Exakta66 имеет темное зеленое auter. И приспособьте с "Symmer м 80mm F2.8"lens. Детальной статьей была опубликована в кассете "Inpho" на январе 1986.
may был старт надувательство в годе. На механизме, скорость Synch, котор нужно быть от 1/25sec к 1/30sec.and искателю ttl имеет электрические контакты. Объективы соединения ttl будут кольцом диафрагмы поворачивая к против стороне. Так, когда польза искатель ttl с совершенным, использовать объективы серии Exakta66. Искатель ttl сделан внутри munchen. Но оптически части сделаны в DDR.
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。